webで名刺作成をする際の注意点

プライベートで使うような名刺なら、家庭用プリンターを用いてお手軽に作成しても構いませんが、ビジネスシーンで使うような本格的な名刺の場合、印刷業者に依頼するのが無難です。高品質な印刷技術を用いますので、とても美しい仕上がりの名刺を手に入れることができます。印刷業者の利用方法として、今だとインターネットで発注する方法がすっかり定着しています。ネット通販を利用しているような感覚で、誰でも簡単に依頼できる印刷業者ばかりですので、作成自体の難易度はさほど高くありません。簡単に注文できるものの、webで名刺作成を依頼する際には間違いのないように手続きを終わらせなければ、名刺が出来上がってから失敗に気づくリスクを持っていますので、油断しないようにしてください。

重要な文字やデザインが切れないようにする

webを活用した名刺作成は価格の安さが魅力的です。データを入稿することで、その原稿を元に印刷業者が直ちに作業に取り掛かってくれます。注意点として、原稿を作成する段階で失敗が発生しやすいため、気を付けてください。よくある例がサイズの違いです。名刺のサイズに合わせてデータを作成したものの、紙を断裁する部分に文字やデザインがあると、切れて仕上がってしまう危険があります。切れてしまう問題を解決するには、印刷業者が用意しているテンプレートを使うのがおすすめです。裁ち切り線や塗りたし線といったトンボが入っているテンプレートを用いることで、その線の内側、もしくは外側にくるようにデザインすることにより、文字が切れるのを防いだり、望みどおりのデザインに仕上げられます。

望みどおりの納期に対応してもらえるのか

印刷業者の公式サイトから注文する形になるwebによる名刺作成方法ですが、納期について発注前に確認しておいてください。名刺をできるだけ早く欲しい場合には、納期が短い印刷業者を選ぶようにしましょう。納期の対応は印刷業者によって違いますので、過去に利用した業者の対応が早くても、別の業者では対応できない場合があります。納期に関してはサイト内に記載されているのがほとんどですから、簡単に調べられます。到着日と発送日の違いについて、理解することも大切です。到着日は手元に完成した名刺が届く日のことです。発送日は印刷業者から郵送や宅配便などで、完成した名刺を送る日です。発送日が紹介されている業者であれば、その日から名刺の輸送にかかる日数を足して、到着日を予想する必要があります。