webで名刺作成する時のポイント

インターネットの通信網が整ったこともあり、web上で名刺作成できるサービスが多くなっています。印刷業者が提供しているサービスであれば、テンプレートをそのまま選んで、社名や個人名等の必要な文字情報を入力すれば、そのまま発注ができます。自作のデザインがあれば、ネット上からデータを送ることも可能です。また、用紙会社が提供しているクラウド型のソフトであれば、適合する用紙とプリンターさえあれば、自作で印刷して名刺を作ることも可能です。印刷業者から提供されているのと同様に、規定のテンプレートも使えますし、デザインソフトを利用して独自の名刺のデザインをし、枠を入れて画像データとして入れることも可能です。商業利用ができる素材集を利用して、名刺のデザインに使うこともできる場合があります。

オンラインで印刷業者に作成依頼する場合

基本的にwebからデザインして名刺作成を業者に依頼する場合には、業者側で用意したテンプレートを利用すると早く出来上がるでしょう。メールやホームページのアドレスを記載する場合には、文字列が長くなりますので、横の辺が長い名刺を使うといいでしょう。プレビュー画面を見ながら、好みのテンプレートを選び、マウスで選択するだけで好みの名刺のデザインに変更できます。必要な情報を入れるにも、ある程度定型に近い物であれば、ダイアログボックスから入力できるので、非常に作りやすいです。特殊なデザインを使いたい場合は、作成サイトからそのまま画像データを選んで業者側にアップロードします。ただし、特定のデザインソフトで作成したデータでないと受付ができない場合がありますので、事前に確認してください。日にちに余裕を持って依頼しましょう。

自分で名刺を印刷する時の注意事項

web上で操作できるクラウド型の名刺作成ソフトを利用する場合は、ある程度機種を選ばずに作れることがあります。パソコンにもスマートフォンにも対応している場合があり、操作性がしやすいでしょう。インストールなどの作業もなく、サイトの画面を開いて、利用者登録すればそのまま使えます。最初に設定する場合には、用紙の型番を間違えないように気をつけてください。印刷業者サイトよりも種類が少ない場合がありますが、一般的な形式であれば問題なく使えるテンプレートが揃っています。プリンターやソフトのメーカーサイトで、ユーザーであれば無料で使える名刺作成の素材集が揃っている場合があります。webからダウンロードできるので、商用利用が可能であれば使うといいでしょう。凝った色柄のデザインの名刺をプリントする場合は、4色よりも6色インクのプリンターの方が、鮮やかな発色に仕上げられるでしょう。用紙も光沢紙等の特殊な加工がされた物を利用すると、手作りとは思えない出来映えになります。